サイトメニュー

意欲がわかない原因

院内

原因を詳しく解説

意欲がわかないというのは実は様々な原因があるので、簡単には解決できない問題です。どんな原因があるのか、詳しく見ていきましょう。まず、社会的に拒絶された場合です。ある実験では何人かに「あなたは選ばれました」他の何人かには「誰もあなたを選ばなかった」と言ったそうです。その後、誰にも求められなかった人たちは、自分の行動を抑えることが難しくなってしまったのです。他の実験でも拒絶感を感じてしまうと、意欲がわかないことに繋がったり、協調性に欠けてしまったりという問題を抱えてしまう事が多くあります。2つ目の原因として、決断が多いことが挙げられます。大きな決断を沢山抱えていると意欲がわかないという事が多くあるという研究があります。決断するという事はかなりのストレスがかかることであると言えます。一日で決断が多くあるほど、脳はどんどん決断する為のエネルギーが低下し、精神のエネルギーを消耗させてしまいます。ですから、なるべく決断するということを減らして行くのが重要です。大きな決断に限らず、昼食に何を食べようかという一見エネルギーがいらなそうなことでも決断のエネルギーを消耗してしまいます。もし、今意欲がわかないということで悩んでいるなら、できるだけ無駄な決断をしないように過ごすことを考えましょう。また、忙しいからと言って、何も食べないというのも意欲を低下させる原因です。何も食べないとグルコースという考えることに必要な栄養が不足してしまいます。栄養が不足するという身体的なことと、意欲がわかないという精神的なことは無縁に思いますが、密接に関係しているのです。ですから、自分の体の声に気づいて意識的にケアしてあげることが、意欲アップにも繋がっていくのです。